後見開始の審判申立書作成など

MEMO
ご高齢になられたり、ご病気であったりして、ご判断能力に衰えが見られる方については、ご症状により、遺産分割のお話合いや不動産の売買、高額な預貯金の引き出し、介護サービス事業所との契約など、法律上、お一人で有効に行えないケースもあります。そこで、このような場合でも、ご本人様の不利益とならないよう、ご本人様を代理したり、サポートする制度が必要となります。これが成年後見制度といわれるものです。当事務所では、「後見」(ご本人様のご症状によっては、「保佐」や「補助」)開始の審判申立書の作成及び申立て支援を行わさせて頂きます。

ご費用の目安

  1. 収入印紙➡800円(申立て用。保佐や補助の場合で、代理権付与や同意権付与の審判を求める場合は1,600円~2,400円)+2,600円(後見登記用。)
  2. 予納郵券➡3,480円(後見)、4,480円(保佐・補助)※福岡家裁の場合
  3. 鑑定費用➡上限10万円(精神鑑定が必要となった場合。ただし、不要なケースも多い。) ※福岡家裁の場合 
  4. その他➡実費(申立書に添付する戸籍関係や不動産登記全部事項証明書などを取得した場合、申立書に添付する資料の取得や関係者との郵送でのやりとりがあった場合など。)
  5. 当事務所手数料➡概ね70,000円から100,000円(税抜)●上記にかかわらず、出張を要する場合は、別に日当10,000円及び交通費が発生する場合があります。概ね60Km圏外。
  6.