遺言書作成のご相談

MEMO
「遺言」とは、基本的にはご自身が築きあげられてこられた大切な財産を、ご自身の思われるがままに、引き継ぎたい方へ承継させるための大事な意思表示です。
「遺言」がない場合、財産は原則、法律の定めた割合に従い、相続人に承継され、あとは相続人間のお話合いで、どのように相続するかを決めていくことになります。
しかし、「争族」と言われるように、相続人間で争いやトラブルになってしまうケースも多々あります。せっかくうまくいっていた家業が「争族」により傾いてしまったり、仲のよかった兄弟姉妹が仲たがいしてしまったというお話もよく見聞されるところです。
「遺言」とは、遺言を遺される方の大切な意思表示であるとともに、遺された方々がトラブルにならないよう可及的にご生前に対処しておくという、思いやりの手続でもあるといえるかと思います。
当事務所は、のこされる遺言の種類により、原案のチェック・作成のためのアドバイスや公証役場との段取り・打ち合わせなど、ご希望に沿った遺言の作成に向けてサポートさせて頂きます。

ご自身で遺言書を作成されたい場合

公正証書遺言を作成されたい場合

注意
遺留分に注意