担保権の抹消登記に関するご相談(住宅ローンを完済された場合など)

MEMO
住宅ローンなど、他者から資金を借りられる場合には、万が一、返済が滞った場合に備えて、不動産を担保にとられることがあります。この場合、その不動産の登記簿に「担保権」の登記が記録されることになります。そして、後に完済した場合には、「担保権」は存在意義を失い、消滅することになりますので、「担保権」の登記も抹消することになります。これ以外にも、消滅時効にかかった場合など「担保権」の登記を抹消する場面は様々ございます。当事務所は、この「担保権」の登記を抹消する「登記」手続に必要となる書類の作成および登記申請手続を皆様に代わって行わさせて頂きます。

通常の担保権の抹消登記(住宅ローンを完済された場合など)

通常の担保権の抹消登記(金融機関以外の場合)

明治時代などの古い担保権の抹消登記